ワインと地酒 もりたか

MENU
聞くBlogs
行くAccess
楽しむService
知るAbout
今月の一本Attention
買うStore
お知らせTopics
HOME 

お知らせTopics

第24回『ワインの造り人を囲んでの食事会』のお知らせ

2024/02/19

第24回『ワインの造り人を囲んでの食事会』
日時 2024年3月26日(火曜日) 19時開始
場所 ワインと地酒もりたか店内にて
参加費 8,000円

南フランス・ラングドック地方・サンシニアン村
クロ・バガテル クリスティーヌ&マリー・ドゥルーズ親子


クリスティーヌさんを迎えての三回目の食事会となります。
25年近くお付き合いのあるワイナリーで、長きにわたり自然的な農業に取り組み続けています。
今では日本語となりつつある「サステナブル」という言葉を教えてくれたのもクリスティーヌさんでした。HVE(環境価値重視認証)も取得し、自らの畑だけでなく周りの自然環境までを保全しながらワイン造りをしています。
「大地は未来の子供達から預かっているもので、私達に帰属するものではない」という哲学がベースにあります。南フランスの太陽のように明るいお二人と共に皆でワインが持つ豊かさを楽しみましょう。

お申し込みは、当店までご連絡くださいませ。
定員に達し次第、募集を終了とさせていただきます。

第23回『自然派ワイン造り人を囲む会』のご報告

2024/01/21

 

第23回『自然派ワイン造り人を囲む会』

フランスのワインの造り人.ソフィとチボーさんご夫妻〜このワインをフランスから日本へ輸出するパリ・エノコネクション.伊藤先生〜私と共にワイナリーを訪れワインの輸入代行をしてくれるエスポア.堀江社長〜ワインを販売するもりたかスタッフ〜ワインを楽しんでくださるお客様方!!

フランスで造っている人から小松で飲んでる人まで約30人が真っ直ぐに繋がり、もりたかの一室に集まって時間と空間を共にしました。

1870年、前オーナーであったJ.ミッシェル・アルキエ氏の曾祖父によって設立されたワイナリーです。

アルキエ氏は『ラングドックのグランクリュ』『ラングドックのロマネコンチ』と評価されるワインを生む実力者で小さなワイナリーを一躍有名にしました。

そのワイナリーを、アルキエ氏に見込まれて引き継いだのが、金融の仕事から転身したチボーさんと奥様のソフィさんです。

その後のご夫妻のさらなる自然的な農業と醸造への努力によって、ワインの品質はさらに高まって、世界で最もミシュランの星を持つ料理人ともして有名なジュエル・ロブション氏からも絶賛されているだけで無く、フランスの全ての3星レストランでも必ずと言っていいくらいにこのワイナリーのワインはリストオンされています。

それでも、ご本人達は、『だから、どうしましたか?』という感じであることも一応付け加えておきます。

ワイナリーのある南仏・フォジェール地区は『シスト土壌』『高標高』『ビオデェルシテ農業』が特徴で、ご夫妻はボルドー地方やブルゴーニュ地方の超高級ワインにも全く引けを取らない素晴らしいワインを造っています。

そこそこ美味しいワインを造る人はいくらもいます。

ですけど、こころまで揺さぶるような本当に美味しいワインを造る人は少ないです。

ワインは嘘をつきません。

造り人の信念、哲学、情熱、努力、誠実、人柄がはっきりと映ってきます。

人としての大事が詰まっていて、それは造り人にとっては命と同じくらい大切なものなのかもしれません。

ワインが持つ、『素朴だけど確かな喜び』の一隅を、造り人から飲む人までがひとつとなって『共感』し合えた夜となりました。

今回のワイン会の参加費やワインのお求め代金(約66万円)の内、少額ではありますが先に10万円を能登半島地震への第一次義援金として、小松市議の吉本慎太郎氏を通じてお送りさせていただきます(ご夫妻からの義援ワイン寄与のお申出による第二次義援金は後日実施します)(ご参加者全員の気持ちが重なり合っての義援ですので敢えて金額までを記載させていただきました)。

来秋予定の『お客様フランスワイン旅行』で、ご夫妻のワイナリーにお邪魔させていただくことにもなりました。

お集まりいただき、こころを寄せ合ってくださった皆様にこころより感謝申し上げます。

伊藤先生のお言葉、『ワインは世を変える』

嘘まみれ欲まみれの、例えば今の国会議員の人達にもご夫妻のワインを、こころ根を治す薬として飲ませてあげたいです。

 

第36期生 ワインスクール和飲学園 参加者募集を開始しました

2023/12/04

第36期生 ワインスクール和飲学園 参加者募集を開始しました

●期間● 令和6年4月〜令和7年2月(全8回)

●場所● ワインと地酒もりたか 奥座敷(靴を脱いで、お部屋に上がっていただきます。)

●定員● 10名

●対象● 20歳以上の方でワインにご興味ある方ならどなたでも

受講料 33,000円(一括払い)

持ち物 筆記用具 ワイングラス6個(お手持ちのワイングラスがなければ当店で購入できます。(6,050円))


不明な点は、お気軽に当店にお問い合わせください。
 

LINE会員様 募集中!

2023/10/03

新着ワイン情報や、イベント情報をいち早くお知らせいたします!

登録はこちらから!
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://lin.ee/Y8Or8WI

お知らせ

2024/01/11

令和六年能登半島地震にて亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された方々にこころよりお見舞い申し上げます。
みなさまの安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

幸い、当店は、店舗に被害がなかったため通常営業しております。

☆昨日夕方の『ラジオ和飲学園』は、昨年末に収録したものとは違う内容での放送となりました(来週の再放送も同じくです)。
☆今月28日予定の『菊姫酒蔵見学会』は、『中止』することといたしました。
☆今月19日.金曜日予定の『ワインの造り人を囲む会(和飲学園講義)』は、予定通り『開催』をいたします。
 

年末年始の営業日のお知らせ

2023/12/23


『年内は全日店舗営業させていただきます』
24日10:00ー16:00
25日10:00-16:00
31日10:00-19:00
☆24日.日曜日、25日.月曜日、31日.日曜日は、配達業務のみお休みいたします。

新年は4日木曜日10時より営業いたします。

本年もご愛顧を賜わりありがとうございました。
新しい年が皆様にとって佳き一年でありますようお祈りいたします。

令和5年 大晦日
 

第23回『ワインの造り人を囲む会(和飲学園講義)』

2023/12/08

来年1月19日.金曜日にBardi DAlquierご夫妻が、
第23回『ワインの造り人を囲む会(和飲学園講義)』の為、当店にお越しくださいます。
当店は美味しいワインをおすすめするだけではなく、『お客様フランスワイン旅行』や『ワインの造り人を囲む会』などを通して、『ワインの豊かさ』を直接に肌で感じていただくことを目指しています。
ワインはとても深くて、かつとてもシンプルです。
ワインの豊かさを、造る人と飲む人が一緒になって喜び合いましょう。
『造り人を囲む会』はご予約にて満席となってしまっております。
お詫びとお礼を合わせて申し上げます。

『ヒンメリワークショップ』のお知らせ

2023/10/26

 

**冬至のヒンメリワークショップ@ワインと地酒 もりたか**

 

冬の足音を感じながら

ワインと地酒 もりたかさんの素敵な空間で

ヒンメリリースを作りませんか?

 

今回のワークショップは

ヒンメリ作り本来の作り方である

「その年のライ麦で12月冬至までに作る」

ワークショップです✨

 

ヒンメリは小さなパーツをいくつも作って繋げることで

大きな作品をつくることができます

 

今回は限られた時間でも楽しんでいただけるよう

基本の八面体を一緒に作った後に

 

私の方で用意したパーツを使いながら

どんどん繋げてカタチにしていく

簡単ワークショップです

(所要時間1時間〜2時間)

 

写真の2種類のリース

どちらか好きな方を作製いただけます

 

12/8までにDMにて要予約/

それ以降、または当日予約なしの場合は材料の関係上好きな方を選べない場合がございます🙇‍♀️

 

日時:12/16(土)13:30-15:00

場所:ワインと地酒 もりたか

@winemoritaka

(石川県小松市八幡町51番地)

参加費:3500円/1作品

※親子で1作品もOKです

持ち物:よく切れるハサミ✂️(糸を切るのに使います🧵)

定員:6名

駐車場の関係上、定員に達していなくても予約を締め切る場合がございます🙇‍♀️

なるべく乗り合わせのご協力をお願いします🚗⭐️

 

#ワインと地酒もりたか

@winemoritaka

 

#ヒンメリ 

#ヒンメリワークショップ石川 

#himmeli 

#北欧雑貨 

#滝ヶ原 #takigahara 



当店奥座敷にて開催いたします。

詳しくはこちら
https://www.instagram.com/himmeli_takigahara/

もりたか和飲通信を発行いたしました!

2023/11/30

vol.130を発行いたしました。

もりたか和飲通信を発行いたしました!

2023/11/10

vol.129を発行いたしました。

先頭 前へ 1 2 3 4 5 次へ 最後